Home » 障がい者グループホーム(共同生活援助)オリーブかわま

障がい者グループホーム(共同生活援助)オリーブかわま

令和2年2月 野田市日の出町に開設予定
 私たちは、障がいをお持ちの方々の尊厳を守り、ご入居者が健やかで穏やかに地域で生活できるように、また障がいをお持ちの方々が、将来自立し、おひとりで地域で生活ができるよう、個々の状況に合わせ支援を行っていきます。

共同生活援助とは

共同生活援助とは、地域での少人数の共同生活を支援するサービスです。障がいのある方に対して、主に夜間において共同生活を営む住居で、相談、入浴、排せつまたは食事の介護、その他の日常生活上の援助を行います。

ご入居対象者

障がいのある方で、地域において自立した日常生活を営む上で食事や入浴等の介護や、相談等の日常生活上の支援を必要とする方。(身体障がいの方は65歳未満の方又は65歳に達する日の前日までに障害福祉サービス若しくはこれに準ずるものを利用したことがある方)
※当事業所の主とする対象は、知的障がいの方となります。

ご利用料

18歳以上の場合は、ご利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限があります。 ただし月額上限よりもサービスに係る費用の1割の金額が低い場合には、その金額を支払ます。その他 食費、光熱水費、日用品費、家賃等については実費負担となります。

ご入居者の募集を行っております。(主として知的障がいの方)
職員(世話人・生活支援員)正社員・パート募集しております。


詳しくは、開設準備室 関宿ナーシングビレッジ
電話 04-7196-5588 まで。

障がい者グループホーム(共同生活援助)オリーブかわま
障がい者グループホーム(共同生活援助)オリーブかわま

ページトップへ